足の臭いを消す方法について考える

まわりの人間にも迷惑

足が臭うのは、本人もいやですが、まわりの人間にも迷惑を掛ける行為。とくに仕事の内容によっては靴を脱いで他人の家に入って仕事を行うという場合は、営業にも支障を与えることになってしまいます。

 

足の臭いの原因といえば足の皮膚の菌や、靴の中の雑菌などが、汗と一緒に流れ出すものを取り込んで分解したときに発生します。これがものすごい臭いになっていきます。

 

足の臭いを消す方法は

 

 

 

靴下

 

 

の3つに対して考えていかなくてはなりません。

 

どれか1つを重点的にやったとしてもあまり効果はありません。足の臭いを消す方法はこの3つのすべて対策をしてようやく改善できるものといえます。

 

例えば、靴の材質や靴底を考える必要がある

靴の材質や靴底

サラリーマンですと革靴を履くのでどうしても蒸れやすくなるので、靴底に防臭のものを敷く必要があります。

 

革靴でない場合は、スニーカーなどいつも洗える素材のもののほうが、清潔に保つことができますので、臭いが抑えられる可能性があります。さらに靴下も蒸れにくいものを履いたりすることが必要

 

足ですが、あまりに臭いが気になるという場合は、皮膚疾患になっている可能性もあるので皮膚科で相談することが必要です。自分では問題ないと思っていても、水虫になっていたとか、そのほかの皮膚病になっているということはよくあることです。

 

さらに足の臭いを消す方法

靴下

靴を脱ぐことが分かっている場合はその直前に靴下を履き替えるということが効果があります。

 

洗濯してきれいな状態の靴下をはけば、臭いはかなり緩和されるからです。あとは仕事中は靴下を脱ぐことはできませんが、休日にはなるべく靴下を脱いでいて足裏を清潔に保つようにしておくというのも1つの方法です。

 

普段から消臭のフットスプレー(クリアネオ)などをもっておくのもいいでしょう。

 

 

>>>足の臭いケア用品人気ランキング